身体が欲してるものを聞く。と嬉しい!

こんにちは☀

部屋の模様替えで筋肉痛のほどよい体の疲労を感じて心地よい先週でした。筋肉痛、動いた翌日には出てきたことがちょっと嬉しかったりしてますw

部屋がすっきりして気持ちよくなった! ものの、あともうひと整理という感じで、ゆるゆるとやっていきたいと思いつつも~、早くベストにも~持っていきたい、という。

そんな自分と折り合い付けてゆっくりやってこうと思いまする◎


そうそう、身体が求めてるものを感じるってやっぱいいな~と感じました✨

多分6~7時間くらいぶっ続けで(休憩はちょいちょい挟みつつも)模様替えしてたのかな?

いくつか組み立てたり、既存の棚やらローボードやらを動かしたり、そして組みなおす。など最近の引きこもりにどっぷりと浸かった身体にはかなりの負担だったかと。

夜10時になっても部屋はまだしっちゃかめっちゃか。。足の踏み場もない状態だった時には、先が見えず何時になったら寝れるのだろう…と一抹の不安。。(+_+)

でも「やれば終わる!」と自らを奮い立たせてひとり大奮闘w 1時頃には掃除まですべて終わったのかな?なんとか許容範囲の時間に眠りにつくことができました笑

ほいで、翌日お腹がすいてご飯つくるのに「何が食べたいかな~」と集中してみると、すっぱいもの!を欲している。

すっぱ煮、すっぱ焼き、すっぱいドレッシング…と気が付いたらすっぱいオンパレードの食卓になってました。(スパイスも欲しかったけど作るの疲れてまた次回w)

最初はなんでこんなにすっぱいのが食べたいんだろう??って気付かなかったんですが、身体が疲れてたからだったんですね。

「何を食べたいか」を身体から感じて食す。

そして「あーやっぱ欲しかったーめっさうまい!」って満たされる感を感じるのが、すごく気持ちがよくて好きなんですw 

何たべたいかを感じると、その時体がどうしたいのかを教えてくれるように思えて、なんとも愛しく感じます(*´з`)

免疫弱ってる時はヨーグルトとかヤクルト的なもの、チーズ、あと納豆をすごい欲しがってくれたりして。そういう時は乳酸菌系を欲しがる波がしばらく続いて納まって、またその波やってきて、ということが多いな~。

この冬、これがあった時は風邪っぽくなってたり、軽い感染症になったりとちょっとした身体の不調を感じることがちょこちょことあったタイミングでした。


身体の声を聞くときって、内側の声に耳を傾けてるってことだと思うんです。

すごく原始的な内側の声。分かりやすいし、感じれやすいし。でもプロセスや捉え方が自分の腹の声をきくのと似てるな~って思います。

何か選択したいときとか「自分がどうしたいか」を知りたい時に使うところと似てる感じがします。

だから食べたいものを感じるのって自分の軸を感じるプラクティスにもってこいだと思うんですよね。毎日1~3回くらいあると思いますし。

逆も然りか。自分の軸を感じるプラクティスを続けていれば、食べたいものもだんだん詳細に感じれるようになる。と。

と言うか、何より気持ちよいし満たされるし!楽しい!

って事で、食べたいものを感じるプラクティス。意識してなかった方はぜひお試しあれ~✨

今日もありがとうございました(*‘∀‘)ノ”

∞LOVE∞

コメントを残す