なんでだろうか~

こんにちは☻
今日もよいお天気でしたね。すこーし寒さが返ってきてる気もしますが。

そしてそして。
セルフクリーニングを意識してやり始めたら気が付けば姿勢もよくなってきました✨
色々と繋がってるんだな~と感じつつ、前回の続き?おまけ?な感じです。


映画からの一連の流れの最中、前々から思っていた「なんでだろう?」に再びスポットが。

仏教やキリスト教なんかは(ダライ・ラマ14世曰く、どの宗教も…とのことなんですが調べるに至っておらず、スミマセン。)「愛と慈悲」を説いているのに、なぜ排他的だったり攻撃的(=保守的とも)な「人」になってしまうのかということで。

ほんと不思議。

例えば

  • 「うちのかみさま/ほとけさまが一番だぜ!」
  • 「かみさま/ほとけさまっつったらうちの “あたま”しかいないぜ!」
  • 「ほかは一切受け付けないってんだ。あばよ!」

などと思うのは自由だと思うんですが、それを知らしめたいのか認めさせたいのか。

暴れん坊と化してしまうその心。

あなたの大切な神様/仏様は、そもそもどういうことが大切だっておっしゃってるのでしょうか…

って一度聞いてみたくなります。そういったニュースを見たり聞いたりすると。

大切に思うがあまりの本末転倒なのか。。。?


大切に思うがあまり。
確かに。そこに個人的に思うところは、ある。

純粋/繊細がゆえに「そちら側」に触れてしまうということ。

純粋/繊細な魂(心)がゆえにそちら側、つまり破滅的な方へ極端に振れてしまう。

映画やアニメなんかでも「ほんとは悪い奴じゃなかった!」な感じで描かれてること多いと思うんですけど、かの有名な太宰治の人間失格を読んで腑に落ちました。
フィクションでなく実在の方の心の内を本人の言葉でのぞかせて頂いて。

いつか読む!の一冊だった人間失格。
お恥ずかしながらやっと読めました~♬

振れることのきっかけや理由は共感できる部分があったりする。
「あーわかるー」ってやつ。
例えば人間失格で言うと著者が幼いころから感じていた人間の恐ろしさとか。

でも、振れるか否かの境目はなんなのだろうかー。

人によって色々あるとは思うんだけど(家族だったり社会的体裁だったり、はたまた恐怖心だったり)無敵なのはやっぱ愛なのでしょうな。

外側への愛。それと同等またはそれ以上の自分への愛が。


となると。
やっぱり愛と癒しを送るってのが必要不可欠かなーと思うわけです。

あれこれ見てた番組の中で、とあるチベットの僧侶が捉えられてしまい、捉えられた先で危険に陥ったというお話がありました。
命の危険かと思いきや尋ねてみると、

(自分に)拷問する相手への慈悲の心がなくなりそうになった

ですって。

スゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!

その境地にたどり着くにはあと何万回人間やったらいけるんだ。っつー話です。笑(私の場合)

今日もありがとうございました☻
すてきな夜を✨

∞LOVE∞

コメントを残す